「ELECTRO VOICE」

 

身体をアンテナのように用い、電気的ノイズを集積し、音響に変換するパフォーマンス。

 

電球の脈動は音響によってフィードバックされ、

 

身体を回路のように用いることにより循環系を作る。

 

身体を電気的なものとの接点とし、揺らめく光によって動的な影を作り出す。

 

パフォーマンスインスタレーションとも言うべき作品。

 

Electro Voice. from johnsmith on Vimeo.

「ELECTRO VOICE」

 

The body picks up the electrical noise of the bulb, like an antenna.

 

The bulb’s voltage is controlled by acoustics. A circuit is formed with my body.

 

My body as a transformed interface for electricity, sound and the emission of the bulb, creates a moving shadow.

 

This is both a performance and an installation, a play of light and shadow/actuality and fiction.

 

film by johnsmith, Rakutaro Ogiwara, Koya Yokoyama, Kanta Mochida, Kenta Ishige

 

https://www.youtube.com/watch?v=Qfu2g6tIHS8 https://www.youtube.com/watch?v=qPugk8I5olI